外観完成予想図

暮らしやすさと洗練を纏うDESIGN

目指したのは、穏やかな街並みに自然に融け込むデザイン。
外観はもちろん、ガーデン(公開空地)にもこだわりを詰め込み、
地域の新たな憩いの場となるレジデンスを創造します。

どこにいても緑を感じられる、
開放感あふれる約400㎡のガーデン。

総合設計制度の採用により、建物の前面に約400㎡の広大なガーデン(公開空地)を創出。
植栽帯とベンチをあえてランダムにレイアウトし、
どこにいても緑を感じられ、さまざまな表情を愉しめるランドスケープをデザイン。
夜になるとアッパーライトが木々を照らし、幻想的な光景を織りなします。
みずみずしい彩りに包まれ、心地よく憩える時間がここから広がっていきます。

ニューノーマル時代に配慮した先進の設備仕様

TOP